なぞ幼児教育
ホーム > 妊活 > 妊活ってどんな活動のことをいうの?

妊活ってどんな活動のことをいうの?

 

妊活とはどういう活動をさすかというと、その通りの意味で、

妊娠するためになされる活動

のことです。

 

性交をしさえすれば、必ずしも妊娠出来るということではありませんので、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとって妊娠しやすくするためになされる対策であると言えるでしょう。

 

それのみならず、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行なわれるさまざまな活動も含んでいます。体を妊娠しやすい状態にするために、心がけるべきなのが良質な睡眠をとることです。

 

 

 

ヒトは睡眠不足がつづいてしまうと体内の活性酸素が増加し、その結果、卵子や精子の酸化が進んで、劣化します。

年齢が上がっていくと同時に衰えていく性機能をわずかでもキープするため、妊活の最中は十分に睡眠をとるようにしましょう。

 

 

マカというサプリメントは、男性のスタミナアップの効果が期待できるだけではありません。妊活をがんばっている女性の、体内の血液循環を改善する作用をもち、妊娠しやすい体づくりに役立ちます。

そして、ホルモンのバランスを良くする効果も期待できるでしょうから、基礎体温の波形も正常になって、安定したコンディション作りに寄与します。

 

 

妊活中の薬の服用について

立とえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。

 

ドラッグストアや薬局で購入可能な鎮静剤や胃腸薬の類の場合、服用しても大丈夫です。その一方で安易な服用が問題になるのは医師から処方されている持病の薬を飲む時でしょう。

しかし、薬を服用する限り、副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)や身体への影響を考える必要があるようなので、一般の市販薬や処方箋に限らず、医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが安心だと思います。

 

 

 

妊活はきついことも多いのでその最中は心身共にダメージを受けやすい状態にあります。結果が長らく出なければ、うつの症状が発現し始めることもあります。

 

妊娠の最も妨げになるものはストレスとも言われています。不妊治療をやめた途端に、心配事が消え、すぐ妊娠でき立という場合も多いです。

 

 

妊活が原因でつらい思いをしないようにストレスを解消しつつの継続が大切と言えるでしょう。

 

どの時期に妊活をスタートすべ聞か中には気になっていらっしゃる女性持たくさんいるでしょう。

 

 

 

この答えは、未婚か既婚かは関係なく、いつかは子供を産みたいという女性ならば、いつでもおこなうべきものだと言っても過言ではありません。

妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、妊娠をしやすくする体にするためにおこなう活動全般のことを意味します。

 

 

 

 

 

沿ういう所以で、どの時点で開始しても早すぎるということはないでしょう。あなたは「妊活」にどういうイメージを持っていますか?これは、妊娠という大変重要な神秘に包まれた現象をコントロールするもので絶対に結果がついてくるとは限りません。

 

 

沿ういうわけで、ギブアップする人も少なくありませんが、これは大変もったいないと思います。

 

成功の可能性は高くなっていますのでそこまで落ち込まずに、マイペースに続けてみることが大切です。

 

妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。

 

そんな時には、ハーブティーがよく飲まれています。

 

何故かというと、まず一つは体にいいということが言えるでしょう。

 

 

一例を挙げれば、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。その他、効能として、リラックスできるというものもあります。

 

妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)する必要がありますがそのストレスを解消指せる働きがあります。

 

 

産み分けに挑戦!

少子化と同時に赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが本日の日本の医学において男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。

 

沿ういったことはよく分かっており、やはり「挑戦したい」というならば、確実ではありませんが次の方法を試して欲しいと思います。

 

それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、子作りをおこなうという方法により、実現できるかも知れません。

それに加えて産み分けゼリーなるものを使うと確率があがるようですね。

参考記事:産み分け女の子用ゼリーについて

 

 

 

妊活中の体温をあげる工夫を

体温を上げる事や代謝の改善を図ることで妊娠しやすさが変わっていきます。

 

 

日常的に運動をしない妊活中の女性はすすんで運動をしてください。

 

きつい運動ではなくストレッチだったりヨガだったり、ゆっくりとした動きのものに効果があります。

ここ最近では妊活ヨガというヨガのコースがあるスタジオもあり、関心が寄せられています。

 

 

葉酸の摂取は必須

葉酸は、妊娠の初期段階で摂った方が良い「おすすめの栄養分」ということで世間に認められています。

 

厚生労働省の方は、特に妊娠以前から妊娠3ヶ月迄の数カ月という期間は、葉酸を多量に補給するよう推奨しています。

 

葉酸を摂り込むことは、妊娠の状態にあるお母さんは言うまでもなく、妊活を実施中である方にも、もの凄く有用な栄養成分だと指摘されています。

 

それに加えて、葉酸は女性は言うまでもなく、妊活を実施中である男性にも服用していただきたい栄養成分だと言えるのです。

 

 

不妊症と言うと、今のところ明確になっていない部分が稀ではないと耳にしています。そういうわけで原因を断定せずに、あり得る問題点を解決していくのが、医療機関の普通の不妊治療のやり方です。

 

子供がほしいと切望しても、なかなか妊娠しないという不妊症は、ストレートに言うと夫婦双方の問題だと言っていいでしょう。ではありますが、不妊症でプレッシャーを感じてしまうのは、段違いに女性ではないでしょうか?