なぞ幼児教育
ホーム > 教える > 人に教えるということ

人に教えるということ

最近、人に何かを教える、伝えるということに考えるようになりました。私自身現在、テニスインストラクターと個別指導塾の講師をやらせて頂いております。いままで特に何も考えず自分の思うように指導をしてきましたが最近になり相手をより理解し1人1人にあったアドバイスや指導が出来ないかと常に考えるようになりました。1人1人個性や能力は当然違いますので一般的な考えの正しさが必ずしもあてはまるとは限らないと思うよになってきました。最近になり人との関わりを深めていくなかで私自身が人と話し、考えを取り入れていくなかで少し成長できたからそういう思考にいきついたのではないかと思っています。また、子供と接するのが何か苦手でしたが最近になって考え方(昔は相手が子供だからどうしょうもない。相手が悪いという考えでしたが、子供が言うことを聞かないのは私の行動や態度・伝え方が悪いのだと自分自身に非があるということにようやくきずきました。)も変わり少しずつですが苦手意識も薄れていき良い方向へ進んでいると感じています。 人に何かを教えるということは楽しませることや正しい知識を伝えることももちろん大切ですが相手の求めていることをしっかりと理解することが一番大切だと感じました。

むずむず足症候群治す